グレイゾーン

久しぶりにライムスターのグレイゾーン(アルバム)を聴いた。

色褪せない。

新曲です。といっても遜色ない。

と言うとライムスターに失礼かもしれない。

グレイゾーン、当時聴きまくった。

そこからライムスターを遡った。

噂の真相、リスペクト、EGOTOPIA、俺に言わせりゃ。

やっぱB-Boyイズム最高というミーハーではあるが。

当時はA・B・AOBもよくシャワー浴びながら口ずさんでた気がする。

これが曲名だったかは覚えていない。

覚えていないといえばグレイゾーン。

口ずさんでいたといえば、当時口下手を克服したかった自分は少しだけ早口な「だから私は酒を呑む」を噛まずに歌うことに何故か躍起になっていた。

効果は無かった。

フォローザリーダー、今聴いても変わってない。

金正日金正恩に変わって、小泉純一郎安倍晋三に変わったが、状況は変わった?

911も未だにエブリデイだ。

それまでHIPHOPかじってたもののZEEBRAとギドラくらいだった自分は、現金に体を張れを聞いて、こんなにお金のことばっかり歌っていいんだ、と驚いた。

ZEEBRAにもビッグマネーという曲があった気がするけど知らなかったのかな?)

グレート・アマチュアリズムが一番好きだ。

なぜだろう?

リピートしながら整理する。

Dの最後のバース。(スマホだからマミーをアルファベットつらいので略す)

「プロの看板下げたナンバー1ファンが良いこと言うからよく聴け。」(良いことは買って聴いてね)

このバースがかっこよかった。

当時、ORANGE RANGE(これは変換でるのか)がラップしてたりソールドアウトが出てきたりエムフロー(これ変換出ないの)が売れたりのポップラップシーンがあった。

残念ながら自分はカラオケでこれらを歌わざるをえなかったというかORANGE RANGE以外は進んで歌っていたが、ヒップホップじゃないよな、かっこよくはないというイメージがあった。

ポップラップシーンに対しては既存のヒップホップ勢がよくdisってた。

公開処刑もよくカラオケで歌った。

でもそういう「ブリンブリン」なdisじゃない言葉がここにはあった。

我々はアマチュアリズムなんだと。

これは最高にヒップホップだ。

同じ文脈でグレイゾーンも好きだ。(曲を切り替えながら)

ギドラとか、もっといくとMSCとか西成みたいに黒ではない。

前述のポップラップシーンみたいに白ではない。

ライムスターは灰色だ。

ポップではない。

サグでもない。

なんとなく、こういう路線の人はポップになりがちだと思う(キックとか)が、なっていない。

その機会がなかったのかあえてそうなのかわからないが。

早すぎたのか、スロー・ラーナーなのか。

(あ、KICK THE CAN CREWも好きです。マルシェはカラオケ活用させていただきましたし、LITTLEの韻の固さがかっこいい。)(ここからPCなのでちゃんと変換しがち)

聴き返してみると宇多丸のバースは世評批判寄り。

「例えばヤツのシンプルな答弁 聞こえはいいが陳腐かつ不公平」

第三会議室でよく小泉批判をしていたからそのことだろう。

世の中白黒はっきりしていない。グレーゾーンな複雑なものだから「右も左も危なっかしいぞ」。

当時ネットでRhymester曰くのMummy-D最後のバースはブルーハーブへのdisだと噂されてた。

他の曲でもMr.アブストラクトと言ってdisってたと噂されていた。

ブルーハーブも好きだ。THA BLUE HERB

ブルーハーブの曲を聞くと否応なく北海道の、雪の中で、バーで、BOSSが口ずさんでる光景をイメージする。

ある曲のせいかもしれない。

一度、恵比寿の箱でBOSSのライブをみた。

圧倒的なかっこよさだった。神々しい感じだった。

(ただ、そのライブはその後にZEEBRAが出て、確かギドラの曲まで古いやつ(UNSTOPPABLEとか)までやってたからそっちの印象のほうが強い)

その時ZEEBRAはBOSSに会うのは初めてと言ってた。意外だった。

「この場所 2003年7月8日現在 その場所からも見えるかい?ナンマイダろうか めくれたカレンダー 2000何年代?まさかの3000年代?」

4'13"。

この場所2017年10月18日現在、「懐かしく思えちゃ」ってるけど、状況はそんなにかわっていない。

14年もたってるの、まじで・・

このあと、HEAT ISLANDは買ったんだけど何か違うなという感じがあって、それ以来買っていなかった。

当時は、黒さが薄れた感覚があった。

ウィークエンド・シャッフルは面白かったけどそれだけかな。

あ、東京、東京は好きだった。

We LOVE Hip Hopも好きだから、このアルバム実は割りと好きかもしれない。

とはいえそれ以来アルバムは買ってなかった。

ダンサンブルを買った。

いや、厳密にはiTunes Musicだ。

でも今はグレイゾーンを聴いている。

これを書き終わったら2003年から2017年に戻ろう。

歌詞カードの一番後ろのSpecial Thanksが好きだった。

「Kouta Kagami」とか書いてあって、そういうつながりか〜とか。

この楽しみは、今はない。

CD買えばいいんだろうけど、iTunesspotifyですぐ手に入るから買わない。

14年でそういう楽しみは薄れた。

それでもライムスターのライブはずっと楽しい。

今度のライブも楽しみだ。

結構長くなってしまった。

WELCOME2MYROOM。

グレイゾーン

グレイゾーン

 

大航海時代Online 鋳造上げ

復帰してから、ちょいちょいやってます。

PS4でアカウント作ってみたりしたけど結局もとのアカウントに戻ってきた今。

強い大砲作りたいので鋳造上げメモ。

www11.atwiki.jp

の、

◆時間効率を重視した上げ方の例

 

R2 オスロで木材2から予備舵を作成 
R3 プリマスで青銅2から撤収の鐘を作成 
R3 ダブリンで石炭と鉄材から弾丸を作成(鉄材 要-投資) 
R5 ハンブルクで銅鉱石→銅 鉄鉱石→鉄材 鉛鉱石→鉛 鉄材2+石炭2→砲弾 
R7 ダブリンで石炭2+鉄材2でアルケブス銃を作成(C2効率悪いが工業品取引上がる) 
R7 ハンブルクで銅鉱石+スズ鉱石→青銅を作成(鉄鉱石→鉄材 絡めると時間掛かる) 
R8 リューベックで銅鉱石+亜鉛鉱石→真ちゅうを作成 
R11 ダブリンで石炭4+鉄材4で大砲を作成(C2を湯水のように消費するがR14以外名工より速い) 
R12 白鉱石+鉄材+木材→名工の大工道具作成(白鉱石大量に用意できる場合) 
R13 カリブで砂金を集め、ハバナで砂金3→金を作成(要工芸R5 要投資、1M?) 

 をやる。

まずレシピを集める。

船大工入門・鋳造の書 :アントワープ(だけじゃないけど)

火器製作の技法書 :セウタ・バルセロナ

金属精錬の書 :リューベック

合金精錬の書 :ダブリン投資30万

鋳金の書 :ハバナ固定

がんばろー

匿名キーボー200X

なんか知らんがふと思い出したので。

ナイナイのオールナイトニッポンハガキ職人

昔よく聞いてたな。

悪い人の夢面白かった記憶。

セグウェイがネタにされてた記憶。

大航海時代オンライン

10年ぶりくらいで大航海時代オンラインやったらはまった。

おもろ。

10年分のコンテンツがあるって考えると果てしない。

廃人まっしぐら。

人口増えてほしい。 http://www.gamecity.ne.jp/dol/

読書メモ : LIFE SHIFT

  1.  100年ライフでは否応なく働く期間が長くなる
  2. 生産性資産・活力資産・変身資産・有形資産のポートフォリオをどう組むかを継続的に考えていく必要がある
  3. 1つの仕事に従事するより移行期間を置いていくつかの仕事フェイズが生じることになる可能性が高い
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

 

読書メモ:生産性

  1.  生産性 = アウトプット / インプット
  2. アウトプットを増やすために問題を明確にして制約を設ける
  3. チームメンバーが減った時は生産性向上チャンス
生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの